オイシックス・ラ・大地の「挑戦」を深ぼる

「サービス全体の課題から、システムのあり方を考える」──Oisixを支えるSREエンジニアが日々考えていること

「サービス全体の課題から、システムのあり方を考える」──Oisixを支えるSREエンジニアが日々考えていること

スケールするサービスの信頼性を高めながら、運用における負荷を下げ、同時に新機能を素早く実装していくための拡張性を保っていくにはどうしたらいいか。昨今、大規模なWebサービスを運用する環境において、「SRE(サイト・リライアビリティ・エンジニアリング)」への注目が高まっています。

オイシックス・ラ・大地においてもシステム本部内にSREセクションを設置し、それぞれのサービスにおける運用の最適化を実施。特に食品宅配サービス『Oisix』は事業規模の成長が著しく、SREの観点を踏まえたシステム全体のアップデートが求められています。

お客様の暮らしにとって欠かせない食を支える『Oisix』。そのサービスを支えるSREエンジニアたちは、どのようにシステムと向き合い、開発や運用を行っているのか。SREセクションに所属する原智子さんと子安正史さんに話を聞いてみました。

オイシックス・ラ・大地でエンジニアとして働く魅力

── はじめに自己紹介として、おふたりがオイシックス・ラ・大地で働くことを決めた理由を教えてください。

原さん:
私の前職はSIerで、通信キャリアの基幹システムの設計や構築などに携わってきました。SIerとして長く働くなかでサービス事業者側に移り、自社サービスの改善や自動化に継続的に取り組むことで、SREにおける専門性を高めたいと考えるようになりました。

オイシックス・ラ・大地に興味を惹かれた理由は幾つかあるんですが、自分のこれまでの経験を活かしながら、新しいことに挑戦できそうと感じられたことが大きいですね。

原智子さん。
システム本部 システム基盤部 SREセクション。2020年4月入社。前職ではSIerにて、通信キャリアの基幹システムのPMや提案、設計を行う。入社理由は自社サービスの改善や自動化に取り組み、SREの仕事を実現できること。子育てに優しい会社であること。

原さん:
というのも、『Oisix』『らでぃっしゅぼーや』『大地を守る会』は20年以上も続いているサービスなので、レガシーな技術で動いている部分が結構多いんですね。現在、モダンな環境への移行を進めていますが、全てを一気に刷新するのは不可能ですし、レガシーな技術をそのまま使い続けたほうがいい部分もあります。

私自身はレガシーな技術を活用した開発経験が長いので、これまでの知見を活かしながら、新しい技術にも挑戦できる環境で働きたいと考えていました。自分に馴染みがない技術ばかりを使用する環境で、全てをイチから覚えるのには不安がありましたし。そういう意味で、自分に向いている環境だと感じました。

また、ライフワークバランスの面でも惹かれました。オイシックス・ラ・大地では、リモートワークを会社として推奨していますし、働く時間も柔軟に調整することができます。私は子育てをしながら働いているので、家庭を犠牲にしない働き方が選択できることはありがたかったです。

── 子安さんは、いかがでしょうか?

子安さん:
私は新卒入社した会社がデータベースの開発運用をメインとする会社で、データベースエンジニアとして働いていました。そのなかで、データベースだけでなく、サービス運用に関するインフラ全般を扱えるようになりたいと思い、転職を考えました。

オイシックス・ラ・大地に惹かれたのは、風通しがよく、若手であっても様々なことに挑戦させてくれる社風があるところですね。

子安正史さん。
システム本部 システム基盤部 SREセクション。2018年入社。新卒でデータベースエンジニアとしてキャリアを積んだのち、データベース以外のインフラ技術に触れたく入社を決めた。入社後は、データベースの保守/運用からトラブル対応などをメインに、サーバーの構築や運用、監視サービスの導入などを対応している。

子安さん:
現在も働いて感じるのは、自分が挑戦したいと思ったものを実行できるスピードの早さです。会社の行動指針のひとつに「早いもの勝ち、速いもの価値」とありますが、論理的に筋が通っていれば、自分のやりたいことをどんどん試すことができます。

私自身、入社当時はデータベースエンジニアから始まり、現在もデータベースまわりを中心にしていますが、様々な領域の開発に携わらせていただくようになりました。挑戦しようと手を挙げた人の意志を尊重してくれる会社だと感じますね。

AWS環境へ移行し、拡張性を大幅に改善

── おふたりが所属するSREセクションでは、昨今、どのような取り組みに注力されてきたのでしょうか?

原さん:
ここ数年では、『Oisix』のシステム基盤移行が一番大きなプロジェクトだったと思います。2000年の創業以来、『Oisix』のシステム基盤は事業の進化に伴い、数々のアプリケーションを追加してきました。ですが、歴史を重ねるにつれ徐々に巨大で複雑になり、安定性や拡張性の課題が浮き彫りになっていました。

特に『Oisix』で使用していた主要なデータベースはオンプレミス構成で、リソースを増強するにはサービスを停止させる必要があったりと、拡張性に難しさを抱えていました。そこで、3年前からプロジェクトを立ち上げ、入念な調査と準備を経て、『Oisix』のシステム基盤をアマゾン ウェブ サービス(AWS)へと移行しました。

とはいえ、『Oisix』のシステム基盤は創業以来ずっと使っているもので、様々な部門の人たちが日常業務で使用しています。また、調べていくと、誰が何のために使っているか分からない謎のシステムも沢山あったんですよね。そのため、移行による影響範囲がどこまで及ぶかの判断が難しく、各部門と連携をしながら慎重に進めていきました。

子安さん:
また、システム基盤の移行にあたり、モノリシックな状態からの脱却も大きなテーマでした。元々あったシステムに色々なものが組み合わさり、巨大なシステムの塊と化していて、何かを追加すると予想外のところに影響が生じることがありました。そこで、Kubernetesなどの技術を活用して、マイクロサービス化を進めていきました。

同時に、ソース管理などのマニュアルを整え、属人化の防止にも努めました。今後新しいメンバーが加わっても、開発や運用をスムーズに行える環境に移行できたかなと思います。

── 大変なプロジェクトだったと思いますが、やり切れた要因として特に大きかったと感じるものがあれば教えてください。

子安さん:
やり切れた要因は色々あると思いますが、プロジェクトの推進を担った各々のエンジニアをはじめ、プロジェクトに関わる各関係部署のメンバー全員が主体的に動き、チームワークを発揮できたことが大きいと感じます。

こうしたプロジェクトって、誰が担当すべきかの判断が難しいものが沢山あるんですよね。そのなかでお見合いすることなく、積極的にこぼれ球を拾っていく。オイシックス・ラ・大地の行動指針のひとつに「サッカーチームのように」という言葉がありますが、そうしたお互いをカバーリングしあう動きが自然と出来ていたのかなと思います。

原さん:
そうした行動が出来ていた背景には、全員が強い責任感をもっていたこともあげられると思います。『Oisix』のシステム基盤の課題が解決されないと、事業として一層のスケールアップを目指すなか、システムが足を引っ張ってしまうかもしれない。それを避けるために、何としても成功させないといけないという使命感がチーム全体にありました。

── クラウド環境への移行が完了し、今後はどんなことに注力する予定ですか?

原さん:
幾つかありますが、大きなテーマのひとつとしてデータトランスフォーメーションがあります。データを活用し、お客様により最適な提案ができるシステムを目指すというものですね。そのためには、データの収集や蓄積における全社的なルールを見直したりと、やるべきことは沢山あります。

また、セキュリティの強化も大きなテーマですね。これは永遠に終わらない課題だと思いますが、技術が進化すると新しい脅威も生まれますので、私たちもそれに対応していなければなりません。ご一緒させていただいているセキュリティ専門会社の方々と常に協議しながら、安全性への取り組みにも注力していきます。

子安さん:
あとは、事業規模が拡大していくと、アクセスやデータ量などの増加から、データベースへの負荷が上がり、サービスが止まってしまうリスクが生じます。『Oisix』の成長にシステム側もついていけるように、負荷の低減にもしっかりと力を入れていきたいです。

サービス全体の課題から、システムのあり方を考える

── 昨今、エンジニアに求められる能力がより広がっているように感じますが、おふたりはどんなことを意識して日々働かれていますか?

原さん:
そうですね。私はSREの領域を担当していますが、そこだけに囚われずに、システム全体を意識して考える。もっというと、サービス全体を俯瞰して考えるように意識しています。

結局、私たちSREエンジニアの仕事とは、システムの信頼性を高め、『Oisix』をご利用いただくお客様に安心と満足をお届けすることです。開発目線で良いと思った判断も、お客様目線で見るとそうでないこともあり得ます。そうならないために、サービスを運用する事業部の考えの把握はもちろん、実際のお客様の声を知ることも大切だと思います。

そういう意味で、会社の取り組みとして素晴らしいと思うのが、各事業部の最新動向を把握できる社内報が充実していることです。例えば、社長の宏平さん(髙島宏平)から会社全体の方向性や各事業部の最新動向を共有するためのビデオレターが毎週届きます。そのなかには、会社としてどういう価値観を大切にしたいかというメッセージも含まれています。

会社や事業全体として目指したいゴールと、システムの信頼性をどう高めていくのかを照らし合わせ、あるべき姿を考えていく。そうした視野の広さみたいなものが、オイシックス・ラ・大地で働くなかで育っているように感じますね。

子安さん:
全体を見ることはすごく大切ですね。また、当たり前のことかもしれませんが、エンジニアとして価値を出していくには、更なる向上心が必要になってきていると感じます。

技術の進化にあわせて、新しい技術をどんどん勉強する必要がありますし、自分の専門外のことに関しても一定の知識を知っておくことに越したことはありません。特に、システムの信頼性を高めるには様々な要素が絡み合ってくるので、広く知見をもっておかないとSREエンジニアを名乗ることができなくなります。

オイシックス・ラ・大地の社内には、社外イベントに参加や登壇したり、自分の知見を広げようと勉強熱心なエンジニアのメンバーが多くいます。私ももっと向上心をもって、己を高めていきたいですね。

社会に役立っていることが実感しやすい職場

── 最後に、オイシックス・ラ・大地でエンジニアとして働くにあたり、どんな人が向いているかを聞かせてもらえますか。

原さん:
私が思うに、誰かからの「ありがとう」を活力にできる人が向いているんじゃないかと思いますね。

私がオイシックス・ラ・大地が良い会社だと感じる理由のひとつが、システム部門である私たちに「ありがとう」という言葉を送ってくれる社員が多いことです。SREの領域って、縁の下の力持ちのようなもので、裏方的な仕事ですよね。でも、みんな、システムの重要性を理解してくれていて、それが仕事のやりがいに繋がっていると感じます。

また、オイシックス・ラ・大地の運営しているサービスはお客様とダイレクトに繋がっているものが多く、お客様の顔が見えやすいのが特徴です。システム部門にいても、お客様の声を見ることができます。自分たちのサービスがいかにお客様の毎日の暮らしに影響を与えているかを知ることで、モチベーションが湧きますし、責任感も高まります。

自分が携わっているシステムで、目の前の人たちに貢献をしていきたい。そうした想いが強い方は、すごく向いている職場だと思いますね。

子安さん:
原さんがおっしゃっていることに完全に同意ですね。自分たちが携わっているシステムがお客様、ひいては社会に役立っていることが実感しやすいので、誰かの役に立つ仕事をしたいという人には向いていると感じます。

あとは、先ほど話にあったように、オイシックス・ラ・大地ではレガシーな技術から最新技術まで幅広く使用しているので、自分の知見を広げていきたいという人が望ましいと思います。最新技術だけでなく、レガシーな技術について学ぶことで、新しい発見もあると思いますし。

エンジニアとして誰かの役に立っていると実感できる仕事がしたい。そのために、様々な技術に挑戦していきたい。そうしたマインドをもっている方が仲間に加わってくれたら、嬉しいですね。

執筆:井手桂司・編集:ORDig編集部

記事一覧を見る
Oisix ra daichi Recruitment

Oisix ra daichi
RECRUITMENT

オイシックス・ラ・大地では、仲間を募集しています。

採用サイトOpen in new tab

VIEW ALL