ORDig - Oisix Ra Daichi が届けるマガジンサイト

あなたのビジネスが社会を良くする。オイシックス・ラ・大地は、事業開発に挑戦するリーダーを募集します
特集

あなたのビジネスが社会を良くする。オイシックス・ラ・大地は、事業開発に挑戦するリーダーを募集します

「俺たちがビジネスをやることで、ビフォーアフターみたいに社会がより良くなる……みたいなことが実現できたら、気持ちよくない?」 さかのぼること2000年。当時20代のOisix ra daichi社長の髙島宏平が、こんな風に大学時代からの仲間たちと語らい、社会の役に立つビジネスとは何かの議論を重ね続けた末、誕生したのが定期食材宅配サービス『Oisix』です。 その頃は「食の安全」が叫ばれはじめた時期で、消費者である私たちは農薬や添加物に漠然とした不安を抱えていました。人間にとって最もベーシックで、パーソナルな営みであるはずの「食」の問題を解決すべく、「インターネット」と食をつなぎ、安心安全な食材のインターネット販売に挑戦したのです。 それから、20年。『大地を守る会』『らでぃっしゅぼーや』との経営統合により、会社はOisix ra daichiとなりました。今では、インターネットによる野菜の定期宅配サービスだけでなく、食にまつわる様々な事業を展開しています。 ただ、Oisix ra daichiの根底にあるものは、創業から一貫して変わりません。 そのビジネスは、社会の役に立てるのか? ビジネスとして利益を得ることは、事業を継続可能にするための手段であり、目指すゴールは社会課題解決への貢献。自分たちの成長の裏で誰かが泣いているような、後ろめたい売り上げは一切つくらない。誰も犠牲にしない事業だからこそ、事業推進に躊躇なく邁進できるし、高いやりがいを感じることができる。Oisix ra daichiの成長の理由は、ビジネスを通じて社会に貢献する意識を、社内全体で共有できているからかもしれません。 そして現在、世界には様々な問題が渦巻いています。2030年までに達成を目指す、世界共通の目標である『SDGs(Sustainable Development Goals)』も、このままでは地球がもたないという各国の強い危機感から誕生しました。 2018年10月の経営統合から約2年。第二創業期を迎えたOisix ra daichiは、「食」の領域にはもちろん、「食 × 〇〇」で幅広い領域の社会課題の解決に向けて、ビジネスを創出していきたいと考えています。 そのためにも、必要不可欠なのが事業開発に挑戦する仲間です。 社会をより良くするために、誰もやったことのないビジネスに挑戦し、時には困難が降り掛かっても、その上り坂を楽しんでいける。そんなリーダーシップを発揮し、事業開発に挑戦する仲間を私たちは必要としています。 現在、社内には様々な分野における新規事業の準備を進めており、新規事業を推進し飛躍させるリーダー候補を、来年3月までに合計20名程度採用したいと考えています。 募集している枠としては、以下の2つです。 1:未開拓分野を切り開く、新規事業開発マネージャー候補 食の領域を中心に事業を推進してきたOisix ra daichiですが、これからは「食 × 〇〇」で幅広い領域の社会課題の解決に向けて、ビジネスを創出していきます。 例えば、「食 × ヘルスケア」。 毎日の心拍数や運動データをモニタリングできるウェアラブルデバイスなど、テクノロジーの進化により、一人ひとりの健康状態がデータとして取得しやすい環境が整ってきています。個人の健康データに基づいて、一人ひとりの体の状態に合わせた最適な食生活を提案し、提案内容に基づいた食材を届けるサービスも実現可能です。 このような食とヘルスケアを組み合わせた新規事業をいくつも企画中です。人生100年時代と呼ばれ、健康寿命を伸ばすことへの関心が高まる社会において、Oisix ra daichiは食を通じて、健康で豊かな人生に貢献していきたいと考えています。 他には、「食 × グリーンシフト」。 SDGsの目標のひとつに「エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」がありますが、農業生産における温室効果ガス削減に向け、当社独自のグリーン基準導入の検討しています。5年以内に当社の生産に係る温室効果ガス排出量の半減を目指します。生産者の方々と連携し、使用資材や生産方法、非可食部の処理方法、可食部の廃棄率など、様々な観点から栽培における温室効果ガス削減効果の指標化を行う予定です。 他にも、配送車のグリーンエネルギー実証実験を開始したり、商品パッケージのさらなるグリーン化を促進したり、アップサイクル食品の販売推進を行います。今後、全世界で必要になってくるであろうグリーンシフトをOisix ra daichiは推進していきます。 この他にも、様々な領域における社会課題の解決に向けた新規事業を準備中です。これら未開拓分野の新規事業開発においては、Oisix ra daichi社長の髙島宏平が直轄する「新規事業開発室」に所属していただき、事業推進に邁進していただきます。ゼロから新しい事業を開発していくことに強い意欲を感じる方は、こちらからエントリーください。 ▶︎ 新規事業開発マネージャー候補へエントリーする 2:食の事業を飛躍させる、BizDevマネージャー候補 Oisix ra daichiには「これからの食卓、これからの畑」を経営理念に掲げ、食にまつわる様々な事業を展開してきましたが、食の課題はまだまだ多く、私たちが担うべき役割は広がっています。 例えば、食卓の課題を解決するサービス開発。 多くのお客様にご利用いただいている『Kit Oisix』は、共働き家庭が増え、料理の時間を十分にとることが難しいママの課題に応えるために生まれました。Oisix ra daichiでは、徹底的にお客さまの声を聞き、お客さまの顕在的・潜在的な要望を把握した上で、どうやって半歩先のサービスを提供するかを考えて、サービス開発を行なっています。 現在、食卓には様々な課題があります。育児中のご家庭もあれば、介護が必要な方がいらっしゃるご家庭もあったり、事情は様々です。すべての人に豊かな食生活をお届けするために、これからも私たちのサービスは進化していかなければいけません。サービスの企画から検証、実行を推進していくマネージャー候補を必要としています。 他には、他企業との協業による新しいビジネス開発。 Oisix ra daichiでは、三越伊勢丹様の食材宅配サービス『ISETAN DOOR』の事業支援や、NTTドコモ様が提供するミールキット『dミールキット』の開発支援など、様々な企業様と協業を行なっています。現在も、食品宅配業界におけるパイオニアとして、多くの企業様から協業オファーをいただいている状態です。 食にまつわる様々な社会課題を解決していくには、様々な企業と手を取り合っていくことが大切だと私たちは考えています。Oisix ra daichiが培ってきた食やECの領域における知見や、積み上げてきたデータなどを活用しながら、協業先の企業様と新しいビジネスを創っていくマネージャー候補を必要としています。 更には、中国やアメリカなど海外への事業展開を推進。 現在、Oisix ra daichiは、香港・中国・アメリカで事業展開を推進しています。世界各国で「食の安全」への関心が高まり、健康で豊かな食生活を求める人が増えるなかで、世界的に見ても成功例の少ない安心安全な生鮮食品のインターネット販売で成長してきたOisix ra daichiは注目を集めています。 世界の食卓に豊かな食生活を届けられるように、Oisix ra daichiは海外展開にアクセルを踏んでいきます。そのために、食習慣やビジネスルールが全く違う海外市場に果敢に挑んでいく海外事業推進を担うマネージャー候補も必要としています。 この他にも、Oisix ra daichiには食の社会課題解決に取り組む様々な事業があります。採用においては、応募者の方の希望と適性をみながら、取り組んでいただき領域を提案させていただければと考えています。事業を飛躍させていくことに強い意欲を感じる方は、こちらからエントリーください。 ▶︎ BizDevマネージャー候補にエントリーする 集中連載『これからのOisix ra daichi』、『ORDではたらく人』はじめます 最後に、Oisix ra daichiに興味を持っていただいている方に向けて、Oisix ra daichiの採用メディア『ORDig』では集中連載企画をはじめます。 展望を経営メンバーに語ってもらう『これからのOisix ra daichi』。 Oisix ra daichiの”はたらく”をリアルに届ける『ORDのはたらく人』。 Oisix ra daichiを読み解くために、様々なトピックについてメンバーに語ってもらった記事を公開していきます。 『これからのOisix ra daichi』 新規事業に挑戦する人へ。オイシックス・ラ・大地が大切にしてきた事業開発に”夢中”になる心構え 話し手: 取締役 堤 祐輔 今、世界で日本の”食”が求められている。Oisix ra daichiが海外市場に挑戦する人材を積極採用する理由 話し手:執行役員・海外事業部長 高橋大就 生産性と創造性の発展にDXは不可欠。オイシックス・ラ・大地が”DX改革プロジェクト”で目指す未来 話し手:COO(Chief Operating Officer)星健一 お客様の期待を超えた価値を届けるために。オイシックス・ラ・大地流、新規事業の育て方 話し手:執行役員 サービス進化室 室長 菅 美沙季 『ORDではたらく人』 官公庁からオイシックス・ラ・大地へ。環境問題を”ビジネス”で解決する道を選んだ理由とは? 話し手:経営企画本部 釼持尚太 食への意識が高まる上海でオイシックスを広める。挑戦し続ける背景にある”想い”とは? 話し手:Oisix上海(上海愛宜食食品貿易有限公司) 総経理 白石夏輝 他社への支援を通じて、オイシックス・ラ・大地のお客様の暮らしをより豊かに。挑戦の背景にある”想い” 話し手:ソリューション事業本部 須田知子 20代のうちに”事業開発の力”を磨く。複数のベンチャーを経て、オイシックス・ラ・大地へ転職した理由 話し手:ソリューション事業本部 坂口真祈 === ウェビナー説明会3月末まで定期開催中 採用強化中の「事業開発リーダー」のポジションについてお話する会を定期開催いたします。ウェビナー開催ですので、ご興味のある方は是非ご参加ください。 2月 10日 (水)⋅午後8:00~8:45 ※この週のみ水曜、20時スタートです2月 18日 (木)⋅午後7:00~7:452月 25日 (木)⋅午後7:00~7:453月 4日 (木)⋅午後7:00~7:453月 11日 (木)⋅午後7:00~7:453月 18日 (木)⋅午後7:00~7:45 イベント詳細、お申し込みはコチラhttps://forms.gle/ydsCMUNgWRmZUrAp6 未来を創ることへの責任や、自分が未来を創ることに野心を感じるような方には、Oisix ra daichiはやりがいを感じられる会社だと思います。 「食 × 〇〇」で、世界を変えたい。 自分がつくったビジネスで社会を良くしたいと考える方は、是非エントリーください! お会いできることを、楽しみにしています! Oisix ra daichi 採用チーム

2020.12.18

記事一覧

MORE

記事ランキング - Ranking 記事ランキング - Ranking

編集部オススメ - Hall of fame article 編集部オススメ - Hall of fame article